横井よこい家(横井小楠家)

 肥後熊本藩士。肥後三横井家の一。150石。


  ○時国 ───┬─●時昭 ─────●時秀                               ┌─ いつ
   横井家   │                                            │  不破某妻
         │                                            │
         └─○時庸 ─────●時元 ─────○時昆 ─────●時直 ───┬─●時明 ───┼─○時治    ┌─ 悦子
                     時秀嗣      妻寺井しゅん   妻永嶺かず │  妻不破清子 │  妻玉子  │  母峯
                     妻永嶺よせ                   │        │        │  永井定次妻
                                             │        └─○時実    ├─○平馬    ┌─ 和子 ─────○秋雄
                                             │                 │  母同    │  赤松稔妻
                                             │                 │  山本家嗣  │
                                             ├─●小楠 ───┬─●時雄 ───┼─●直興 ───┴─○時靖
                                             │  妻小川ひさ │  母津世子  │  母豊
                                             │  妻矢島津世子│  妻山本峯  │  妻本田清子
                                             └─○道明    │  妻柳瀬豊  ├─○辰雄 ───┬─○健雄
                                                永嶺家嗣  │        │  母同    │
                                                      │        │  妻石黒寿  │
                                                      └─ みや    └─○存     └─ 寿美子
                                                         母同       母同
                                                         海老名弾正妻   柳瀬家嗣

  1. 横井時昭 左平太。
  2. 横井時秀 左平太。
  3. 横井時元 左平太。
    • 男 時昆 病身の為家督を継がず。
  4. 横井時直 太平。奉行副役、火廻並盗賊改。
    • 妻 かず 員。
  5. 横井時明 左平太。郡代改役。
    • 長男 時治(1845-1875) 左平太。元老院権少書記官。
      • 妻 玉子(1855-1903) 女子美創立者。
    • 二男 時実(1850-1871) 太平。
  6. 横井時存(1809-1869) 平四郎、号小楠。政府参与。
    • 妻 つせ 津世子。
  7. 横井時雄(1857-1927) 衆院議員、同志社社長(3代)。
    • 妻 みね 峯。
  8. 横井直興 広島県警察部長。
    • 長女 和子 京都市立芸大教授。
  9. 横井時靖