陸軍大臣(陸相)

 内閣制における陸軍省(1885年~1945年)の長官。後継に第一復員大臣。

 近現代系図 > 政治 > 内閣 > 陸相


 前職(陸軍卿

明治

  1. 大山厳(1885-1891、1892-1896)
  2. 高島鞆之助(1891-1892、兼1896-1898)
  3. 桂太郎(1898-1900)
  4. 児玉源太郎(1900-1902)
  5. 寺内正毅(1902-1911)
  6. 石本新六(1911-1911)
  7. 上原勇作(1911-1912)
大正
  1. 木越安綱(1912-1913)
  2. 楠瀬幸彦(1913-1914)
  3. 岡市之助(1914-1916)
  4. 大島健一(1916-1918)
  5. 田中義一(1918-1921、1923-1924)
  6. 山梨半造(1921-1923)
  7. 宇垣一成(1924-1927、1929-1931)
昭和
  1. 白川義則(1927-1929)
  2. 南次郎(1931-1931)
  3. 荒木貞夫(1931-1934)
  4. 林銑十郎(1934-1935)
  5. 川島義之(1935-1936)
  6. 寺内寿一(1936-1937)
  7. 中村孝太郎(1937-1937)
  8. 杉山元(1937-1938、1944-1945)
  9. 板垣征四郎(1938-1939)
  10. 畑俊六(1939-1940)
  11. 東條英機(兼1940-1944)
  12. 阿南惟幾(1945-1945)
  13. 東久邇宮稔彦王(兼1945-1945)
  14. 下村定(1945-1945)
第一復員大臣
  1. 幣原喜重郎(兼1945-1946)
  2. 吉田茂(兼1946-1946)